【治療例5】右頚・肩甲骨の内側・腕の外側がしくしく痛む
40代 女性 2018年3月来院

【治療例5】車を運転すると右頚から肩甲骨の内側、右腕の外側がしくしく痛む

【症状】 1か月くらい前から車を運転していると、右頚・背中(肩甲骨の内側)・腕の外側がしくしくと痛むようになった。時間がたてば治るだろうと思い放置していたら、だんだん車を運転していない時でも痛みが出るようになってきた。現在は常に痛みがあり、車を運転した時に特に強い痛みを感じる。特に思い当たる原因はない。 当治療室で施術を受けたことがある家族に勧められて来室した。

【治療内容と経過】
頚の動きを検査してみると、前屈で軽い痛みがあり、後屈するとより強い痛みが出現した。運転中はハンドルを握るために肩関節を屈曲する(腕を前に上げる)。この姿勢になると症状がより強くなることから、腕の付け根である肩甲骨の動きに原因があると考え、肩甲骨の周囲を触診すると強いコリが見つかった。ここに鍼をしたところ、肩甲骨の内側の痛みが半分程度まで減った。続けて頚椎から胸椎を調べると、腕の症状と関連する部位に反応があったので、ここに鍼をした。仕上げに頚椎の動きを整えるツボに鍼を追加したところ、頚椎後屈の可動域が大幅に改善し、症状も来室時の3割まで緩和されたので、施術を終了した。

後日経過を確認したところ、施術後2日間は少し症状が残ってたが、それ以降はほとんど気にならなくなったとのこと。

【治療回数・期間】
 1回

【特に効果があったツボ・活法】 
 T5(3)R 六谷R

【考察】 
胸椎が頚椎の動きを阻害していたことと、肩甲骨の動きの悪さが原因となっていた。頚の症状は、つながっている脊柱の離れた場所(胸椎・腰椎・仙骨など)に原因があることがしばしば見受けられる。また、症状がある頚部に直接鍼を打つと、かえって症状の悪化につながることもあるので、慎重に原因を見極めなくてはならない。
■症例について
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当治療室の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。
お気軽にご相談ください

鍼灸師 青山和正

TEL0466-43-2880

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-30-22
診療時間
9:00~19:00
休診日/日曜・月曜
診療カレンダー

« PREV  2018年9月  NEXT »
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
  • 休診日
  • 臨時休診