【治療例6】首にスーパーボールが入っているようなこり
40代 女性 2018年1月来院

【治療例6】首にスーパーボールが入っているようなこり

【症状と経過】2週間前から首と肩のこりがひどくなってきた。首はどの方向に動かしても痛みがあり、左の後頚部を触るとスーパーボールのようなゴリゴリしたものがあり、その部分のこりと痛み特にが気になる。

しばらく仕事が忙しかったことが原因ではないかと考えている。以前膝の痛みで施術を受けたことがあったので、今回も鍼で何とかなるのではないかと思い来室した。

【治療内容と経過】
〈1診目〉仕事は立っていることが多く、手先の細かい作業が多いとのこと。頚肩部を触診すると、後頚部以外にも背部に強い筋緊張が見つかった。まず後頚部全体の緊張を緩和するために、腰部のツボに鍼をした。後頚部の緊張がやや緩和したところで、左後頚部のコリを確認し、関連がある下腿後面と背部のツボに鍼をした。確認するとコリが柔らかくなり、症状は4割減となった。
さらに肩と関連が深い手のツボを触診したところ、強い反応があったので鍼を追加したところ、症状は7~8割減となったので施術を終了した。

〈2・3診目〉1診目と同様の施術を続けた。3診目にはスーパーボールはほとんどわからない程度まで小さくなり、こりも感じなくなったとのことで、施術を終了した。

【治療回数・期間】3回・20日間

【特に効果があったツボ・活法】下髎、築賓(R)、飛揚(R)、T2(2)L、合谷

【考察】この治療例では立ち仕事と手作業が重なることで、上肢と下肢両方の疲労が首と肩のこりの原因となっていた。一口に肩こりといっても、原因は実にさまざまである。なかなか良くならない肩こりは、この例のように複数の原因が潜んでいる可能性が高い。
■症例について
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当治療室の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。
お気軽にご相談ください

鍼灸師 青山和正

TEL0466-43-2880

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-30-22
診療時間
9:00~19:00
休診日/日曜・月曜
診療カレンダー

« PREV  2018年11月  NEXT »
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
  • 休診日
  • 臨時休診