【治療例3】ばね指(弾発指)手術後の指の痛み
60代 男性 2016年9月来院

【症状と経過】 3か月前に病院で右薬指の弾発指(ばね指)の手術を受けた。その後同じ病院で2か月ほどリハビリをしたが、薬指を曲げた時の痛みが消えず、曲がりも不十分で指先を手のひらにつけることが出来ない。このままリハビリを続けていても変化がないだろうと思い、病院に通うのをやめてしまった。当治療室には坐骨神経痛の治療で来ていたのだが、会話の中で鍼が指のしびれやばね指にも有効と聞いて施術を受けてみることにした。

【症例3】ばね指(弾発指)手術後の指の痛み

 

【治療内容と経過】 痛みのある右第4指の動きを確認したところ、弾発現象はみられなかった。指を屈曲すると痛みが出現し、可動域いっぱいまで曲げることが出来ない。ばね指の治療に準じて、脊柱の際にあるツボを確認すると反応が出ていたのでそこに鍼をした。直後に指を曲げてもらうと、痛みは少し残る(10→2)が、可動域は完全に回復した。

【治療回数・期間】 1回

【特に効果があったツボ・活法】 T4(1)R

【考察】 手指の痛みやしびれといった症状がある場合は、脊柱の際にあるツボに反応が出ていることが非常に多い。このことから、手指の動きは脊柱とダイレクトに関係していると考えられる。この治療例では、手術後の痛みが残っている指に直接鍼をすることなく症状を改善することが出来た。手術を受け、原因が解決されたはずなのに痛みが残っている時は、患部から離れたところも注意深く観察することが大切である。
■症例について
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当治療室の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。
お気軽にご相談ください

鍼灸師 青山和正

TEL0466-43-2880

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-30-22
診療時間
9:00~19:00
休診日/日曜・月曜
診療カレンダー

« PREV  2017年11月  NEXT »
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
  • 休診日
  • 臨時休診