【治療例2】踵(かかと)の痛み
40代 男性  2018年6月来院

【治療例2】踵(かかと)の痛み

【症状と経過】1週間前、仕事で重量物を抱えて一日中階段を昇ったり降りたりした後から踵(かかと)に痛みを感じるようになった。痛みは足に体重をかけた時に強くなり、高いところから飛び降りて着地した時の「ジーン」とくるような感じに近い。右も左も同程度の痛みがある。

今回は首・肩の症状で来院したが、「踵の痛みも鍼で良くなれば」と思い相談してみた。

【同時に治療した症状】左首・肩のこり

【治療内容と経過】
まず主訴である左の首・肩の症状に対応するため、背部と殿部にあるツボに鍼をした。その後下腿から足底を確認したところ、痛むのは踵の中央部で、左右のふくらはぎに強い筋緊張があった。

ふくらはぎの緊張を緩和するための活法を一手行ったところ、踵の痛みは6割程度になった。次に腰部のツボに鍼をして、直後に足に体重をかけてもらい確認したところ、痛みは来室時の2割まで減っていたので、施術を終了とした。

【治療回数・期間】1回

【特に効果があったツボ・活法】ツボ/上髎 活法/腓腹筋の導引

【考察】一日中重いものを持って階段を昇り降りするという重労働で、筋肉の疲労が下肢ばかりではなく、腰殿部にまで影響を及ぼしていた。痛みが生じた原因を慎重に分析すると、一見関係がないような場所に原因が見つかることがある。踵や足裏の痛みは、足だけではなく腰殿部や背部、頚部まで関係していることがあるので、丁寧な問診と診察を行うことが大切である。
■症例について
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当治療室の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。
お気軽にご相談ください

鍼灸師 青山和正

TEL0466-43-2880

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-30-22
診療時間
9:00~19:00
休診日/日曜・月曜
診療カレンダー

« PREV  2018年10月  NEXT »
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
  • 休診日
  • 臨時休診