【治療例9】立ち上がり動作で発症したぎっくり腰
40代 男性 2018年9月来院

【治療例9】立ち上がり動作で発症したぎっくり腰

【症状と経過】前日の夜、入浴中に湯船から立ち上がろうとした時に腰が「ピキッ」となって、腰が痛くなった。翌朝起きた時には痛みがさらに強くなっていて、腰を伸ばすことが出来ず、へっぴり腰で仕事に出かけた。仕事は立ち仕事で、市販の湿布薬を貼り痛みをこらえて半日がんばったが、我慢することが出来なくなってしまった。以前首の痛みと腕のしびれで当治療室に通い、良くなったことがあり、今回も鍼で早めに痛みを軽くしたいと考えて来室した。

【同時に治療した症状】なし

【治療内容と経過】来室時の姿勢は腰が引けていて、すり足で歩いていた。体幹の前屈は問題ないが、後屈しようとすると強い痛みが出る。また、体幹を左に回旋する動作も痛みが強い。湯船から出ようとした時に、左の腰殿部から下肢にかけて強い力がかかったことが原因と考えた。

初めに体幹の後屈動作と関連のある下腿のツボに鍼をしたところ、可動域が大幅に改善し症状は4割程度となった。再度確認すると、左の股関節の可動域に問題があったため、下腿のツボに鍼をして調整したところ、体幹の後屈・回旋とも症状は来室時の1~2割程度となったので施術を終了とした。

2日後に2診目。かなり良くなっているが、まだ立ち上がり動作で少し痛むとのこと。下肢と頚部に1本ずつ鍼をして、腰部の痛み・違和感とも完全に消失したところで施術を終了とした。

【治療回数・期間】2回・2日間

【特に効果があったツボ・活法】玉天(L) 築賓(R)

【考察】腰から殿部、下肢にかけての動きが円滑に行われなかったことが原因となった腰痛。いわゆるぎっくり腰に多いタイプである。このタイプの腰痛は、痛みがある腰部に鍼をしても、なかなか症状が改善しないことが多い。来室が発症翌日と早期であったことが短期間での症状改善につながった。
■症例について
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当治療室の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。
 | 症例一覧 | 
お気軽にご相談ください

鍼灸師 青山和正

TEL0466-43-2880

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-30-22
診療時間
9:00~19:00
休診日/日曜・月曜
診療カレンダー

« PREV  2018年10月  NEXT »
30123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
  • 休診日
  • 臨時休診